top of page

綿麻素材が清涼感を演出する桐生織シリーズ



花を模した桐生織


花を模したデザインがさりげなく華やかな印象の生地は、伝統ある桐生織物です。 桐生織物には珍しく、経糸に綿、緯糸に麻を使っています。 (桐生は絹織物産地のため、経糸に天然素材を使用することはあまりありません。) この生地はジャガード織という、織りながら柄をつける織り方がされており、プリントでは出ない立体感が奥ゆかしさを感じられます。 綿のやさしさを感じながらも麻特有のシャリ感を感じられ、ロングシーズン活躍してくれる生地感です。


素材 :綿56%、麻44%




 


ラインナップ



Aラインブラウス、フレアスカートの2型展開です。



裾に向かってゆるやかに広がるAラインシルエットブラウス

裾に向かってゆるやかに広がるAラインシルエットが身体のラインを拾わないゆったりしたサイズ感なので体型カバーもできる万能アイテムです。 ゆったりとした身頃に対して肩はややスッキリとしているため、メリハリのある印象になり、前後差のある丈でヒップが隠れるので体型カバーにも役立ちます。



襟はバンドカラー(首元を包むような丸い帯状の襟)で、首周りをスッキリと見せてくれます。



袖にカフスはなく、筒袖デザインになっています。



ベーシックなデザインなのでボトムスを選ばないので、幅広いコーディネートが楽しめます。 羽織りとしてワンピースにレイヤードする着こなしもおすすめですよ♪









立体感と自然なボリューム感のフレアスカート


12枚の生地をつなぎ合わせて形になっているフレアスカートは、立体感と自然なボリューム感が出るため、動くたびにふわっと軽やかに揺れる、女性らしいシルエットに仕上がっています。 自然なボリューム感はヒップ周りや脚のラインを拾わないので体型カバーも叶います。



ウエストはゴム仕様になっており、コードがついているので体型を選びません。 コードは外側についているので、ウエスト位置を高めにしてトップスをインするコーディネートもオススメです。 裏地が付いているので脚にまとわりつきにくく安心して着用いただけるので、おでかけにも日常生活にも使いやすくなっています。



ナチュラル感のある生地とベーシックなデザインなので、シンプルなTシャツやブラウスと合わせるだけでスタイリングが完成します。





 

カラー展開


ベージュ/ネイビーの2色展開です。


【ベーシュ】はホワイトに近い明るいベージュです。 ホワイトのような爽やかさを持ちつつも、素材感とあいまってナチュラルな色合いになっているので、大人らしい色合いになっています。 ほとんどの色と相性良く、同系色のホワイトやグレージュなどとも合わせやすい万能カラーです。


【ネイビー】はやや深みがありながらも、綿麻素材が作用し落ち着きのある大人なカラーになっています。 ホワイトやベージュなどの軽い色との相性はもちろん、同じトーンのブルーなども合わせやすくなっています。



Σχόλια


bottom of page