top of page

【Season off】あたたかい季節にウール素材のすすめ

ウールと聞くと、「温かい」「モコモコ」といった冬のイメージを持っている方は多いのではないでしょうか。

ウール=羊毛なので、もちろん合ってますよ♪


しかし、“サマーウール”という素材はご存じでしたか?

その名のとおり、夏のウール素材があるのです。


そこで今回は、”サマーウール”をご紹介いたします。





夏こそウール


サマーウール は薄手のウール素材で、一般的に知られている冬のウールと比較して、羊毛を細く撚った糸を使用しているため、シャリ感のあるさらっとしたタッチが特長です。


ウールならではの光沢感と美しいドレープが上品で優美な印象です。



軽量で通気性が良く、ウールの特性でもある吸湿性にも優れているため、涼しく蒸れにくい快適な着心地になります。


そのため夏用のスーツに使用されることが多い生地でもあります。




いつでもサラッとした着心地


サマーウールの特性として「吸湿性」「発散性」があります。

(冬のウールには保温性などがあります)


「吸湿性」「発散性」は、汗などで蒸れてくると湿気を吸収し、乾いてくると湿気を発散するという機能。

そのため、汗をかいてもサラッとした快適な着心地を保ってくれるのです。


吸ったり吐いたりするので、”呼吸する繊維”などとも呼ばれるほどです。





またウールの繊維には、クリンプと呼ばれるちぢれがあります。

ちぢれた1本1本の繊維が絡み合うことで、多くの空気を含んでいます。


そのため、生地の内側に外気の熱が伝わりにくい「断熱性」の効果もあるのです。




よって、ウールは外気の熱をシャットアウトする機能(断熱性)と、湿気を吸収、発散する機能(吸湿性・発散性)があるので、汗ばむ季節にオススメなのです。






汚れにくく消臭効果も



ウールの繊維には人間の髪の毛と同じように、エピキューティクルという水を弾く表皮があるため、汚れにくいというメリットがあります。


また繊維の水分保有率が高く静電気が起きづらいので、埃などの汚れも寄せにくくなっています。


それに加え、水分を吸収し発散する機能があるため、ニオイ菌などの雑菌の繁殖が抑えられ、消臭効果も得られるのです。


汗をかいたあとやニオイの強い食事をしたあとには、風通しの良い日陰に干すだけでもニオイを消してくれますよ。






形状記憶機能でイージーケア


ウールのクリンプ(ちぢれ)には弾力性があるため、シワを戻そうとする形状記憶機能を持っています。


シワになりにくく型崩れもしにくいので、面倒なケアは必要なく気軽に着用しやすくなっています。


ただ、シワが付かないわけではないので、軽いシワはハンガーに掛けておくだけでも取れますし、大きなシワならスチームを当てるだけでも復元してくれますよ。





いかがでしたか?

あたたかい季節でも活躍してくれる「サマーウール素材」。

ぜひ一着、手に入れてみてくださいね♪









bottom of page