top of page

存在感のあるドット柄が洗練された印象の カットジャガードシャツワンピース

 

人気の桐生織物を代表するカットジャガードシリーズ。

存在感のある大きめなドット柄と、上品な光沢感が融合したシャツワンピースを仕立てました。

 

-----------------------------------------------

 

ゆったりとしたサイズ感がラフさを、袖のカフスがきちんと感を演出しています。

 

フロントボタン仕様で、ボタンを留めればワンピースとして、ボタンを開ければシャツとして、2wayでお使い頂けるアイテムです。

*ワンピースとして着用する際は、ペチコートなどのインナーの着用をおすすめします。

 

羽織りとしていつものお洋服にプラスするだけなので、コーディネートで迷わなくて良いのが嬉しいポイント。

またボタンを閉めてベルトをしてみたり、裾の方だけボタンを開けてボトムスがちらっと見えるような着方もできますよ♪

自分らしいアレンジができるのもシャツワンピースの醍醐味です。

 

背中にはタックが入っており、動きやすいだけでなく後ろ姿もキレイに見せてくれます。

 

ゆったりとしたシルエットながらも、スッキリとした見映えでスタイルアップが叶います。

小ぶりな襟が首回りをすっきりと見せてくれるので、1番上のボタンまで閉めて着ても◎です。

 

左裾にはSeason offのアイコンである葉っぱが刺繍されています。

最終工程で刺繍することで、製品が完成したことを表す刻印のような意味があります。

*全カラー白の糸で刺繍されています

 

 

-----------------------------------------------

 

■生地

 

ほんのり光沢のある上品な生地を使用しています。

 

なめらかな肌触りで軽い素材なので、長時間身に着けていてもリラックスできる生地になっています。

 

印象的なドット周りにはフリンジのような装飾がほどこされています。

これは桐生織のひとつでもある、カットジャガード織という技法で織られています。

 

ジャガードとは生地を織りながら柄を作っていく織り方のことです。

そして織りあがった生地の模様のない部分に渡る長い糸部分を切り取る技法をカットジャガードと呼びます。

カットジャガードは、一織りずつ織り機を止め、一本ずつ糸を換えて模様を織っているため、熟練した技術がないとできない技法です。

 

特徴的なドット周りのフリンジのような部分は、織り上がった際にヨコ糸をカットしてできています。

 

一つの模様を作るために多くの工程を要しているため、自然な立体感や奥行きがあり、刺繍やプリントとは違った特別感のある生地になっています。

 

*柄の出方がものによって異なりますので予めご了承ください。

 

-----------------------------------------------

 

 

■サイズ/カラー

 

シルバーグレー/ブラックの2色、フリーサイズ展開です。

 

【シルバーグレー】は、やや明るめのグレーで、生地の光沢感がシルバーを感じさせる色合いです。

ドット柄はチャコールのような色合いになっており、全体的にシックな印象になっています。

 

【ブラック】は、生地感と相まって重たくなりすぎない上品な色合いです。

ドット柄は明るいグレーのような色合いになっているので、柄はハッキリと見えます。

 

Season off:カットジャガードシャツワンピース

SKU: SOOP013F
¥33,000価格
消費税込み
カラー
  • size F
    身幅 69㎝
    肩幅 55㎝
    着丈 108㎝
    袖丈

    48㎝

    袖ぐり

    52㎝

     

    *平置き、手採寸のため、若干サイズに誤差が生じる場合がございます。

    *当店の採寸方法はこちら

     

    ■ブランド : Season off

    ■生産 : 日本製

    ■素材 :レーヨン55%、キュプラ35%、リネン8%、シルク2%

    ■透け感:なし

    ■伸縮性:なし

    ■洗濯/お手入れ

    ・手洗いでお手入れしてください。

    ・タンブラー乾燥は避けてください。

    ・ドライクリーニングは専門店にご相談ください。